借金の悩みを解消する債務整理以外の方法

男性

キャッシングは非常に便利なローンですが、気軽に借りられるので借りすぎてしまう人が少なくありません。借入総額が増える理由には追加融資を受けやすいことがあり、借りるほどに利息も比例するように増えていき、返済が逼迫してくるケースが多いです。こうした場合に役立つのが債務整理で、大阪の法律事務所の多くが対応しています。債務整理をすれば取立てを止めて借金を減額できる利点がありますが、過払い金請求でも同様の効果を期待できる場合があります。大阪で過払い利息の回収が人気の理由は、払いすぎた利息を取り戻せることです。つまり本来は支払う必要のない自分のお金や貯金の一部を取り戻せるのです。

時効が過ぎる前に対策することが大事

女性

大阪の法律事務所では過払いの回収をするための手続きを推奨しています。過払い金には時効が存在しており、金融機関との最後の取引から10年を経過すると効力が消失します。そうなれば数百万円の過払いがあったとしても、1円も回収できなくなるのです。回収手続きをする相手のほとんどは消費者金融ですが、相手から過払いの説明をされたり、口座に返金したりすることはありません。何もしなければ時効に持ち込まれて終わりですから、早めに大阪の法律事務所に相談してください。過去の消費者金融との取引履歴を確認し、何年経過しているか確認しましょう。10年未満であれば手続きが間に合いますので、まずは弁護士に過払い診断をしてもらってください。

こんな人は利息を払いすぎているかも

計算

過払いはすべてのローンに発生しているわけではなく、グレーゾーンで借りていたローンに限定されます。現在はグレーゾーンでの貸し出しは法律で禁止されているので、2008年以前に消費者金融から借りていた人が対象です。実質年率18.0%を超える利率でキャッシングやカードローンを利用していた人は、過払いが発生していると考えてください。銀行も古くから同様のローンを用意していますが、利息制限法や出資法の範囲内で融資をしていたので、過払いは発生していません。過去に消費者金融から23.0%や27.0%といった高利率で借りていた人は、利息を払いすぎていると考えてください。まだ時効を迎えていない状態なら、大阪の法律事務所に相談すれば払いすぎた利息の回収手続きをしてくれます。過払い金は100万円を優に超える金額が発生している人が多く、契約中のローンの元金・利息がゼロになる人もいます。しかも過払い請求は債務整理とは異なり、信用情報機関に履歴が残る心配がありません。

広告募集中